援助交際 20代前半、スリムOLと生理SEX初体験

2013年12月12日 ハッピーメール 生理、生外 20代前半スリム体系 ホ別1


初めての生理中の女性とのSEX

ハッピーメール

ハッピーメールで知り合った20代OLのyna。 相変わらず継続して会ってます。 だって条件のホ別1で生挿入、外出しできる女性はなかなか見つからない、いや、まず居ないでしょうからね。
今日はその彼女が生理中でしたが、彼女が大丈夫って言ってたので会ってきました。 ちなみにBONPは嫁も含めて生理中の女性とのSEXは初めての経験です。 多い日は過ぎてたっていうこともあったのですが、普通に風呂に入って血が出なかったのには驚きました。 匂いも無く、普通にエッチできました。途中まではですが…

SEX前の時間を大切にしたい

風呂にお湯が溜まるまでの間のおしゃべり。 前回会ったのは11月15日なので約1ヶ月ぶり。 つもる話もあります。
前回は電マで何度もイカせてあげた(←別窓)んですけど、今日の彼女は生理中。 なるべくソフトに優しいエッチを心がけようと思っています。
鏡に写る彼女 陰毛がチラリ
うーん、こうやって鏡に写る女性って魅力的です。 バスタオルを巻いてるのも色っぽい。 そしてバスタオルを取ったyna。白い肌に黒い陰毛がそそります。

今日のエッチはいたってノーマル。もちろん道具も使いません。
秘部への愛撫も優しく丁寧に行います。出血はありません。無味無臭でした。
ノーマルエッチ

好きなバックからの挿入です。もちろん生。膣壁のひだひだを感じることができる生挿入は最高に気持ちいいですね。
バックから生挿入

一旦正常位に戻ります。ディープなキスをしながら腰をゆっくり動かすと、ynaが静かに感じ始めるんです。
正常位で鮮血を見る
この時に膣からの鮮血を発見しました。まるで処女とエッチしてるみたいです。痛くはないらしいのです。
しかし、女性は血を見るのに慣れてますね。BONPはダメです…

頃合をみて首に腕を回させ、えいっと騎乗位に移行します。 上での動きはまだまだ上手とは言えませんが、それでも頑張って腰を動かしてくれます。
騎乗位で腰を振ってくれる

生理中だから妊娠しないでしょ。中出しの欲望

騎乗位でイキそうになり、再び正常位へ。そして射精へとむかいます。
射精の瞬間
「中に出しちゃおうか?」
「えーっ、ダメだよぉ」
「そうかぁ…。じゃぁお腹に出すね」
素直に引き下がるBONP。
生理中だから妊娠の心配は無から中出ししたかったんだけど、彼女がダメというなら無理強いはしない。 ピストンの速度を上げて一気に射精へ。
おへその上に放出される我が分身達。 ティッシュで拭かれてゴミ箱へ捨てられる可哀想な子供達(汗)

援助交際女性への中出し

初めて生理中の女性とのSEXを経験したBONP。 これも援助交際だからこそかもしれない。 だってウチの嫁は生理中のSEXは絶対に拒否。 生理が終わるまで風呂に入らない女性だから、こっちからSEXに誘うこともないんだけどね。

でも後から考えると、今日はynaに中出しできる絶好のチャンスだったんだよな。 男ならやっぱり中出しだよな。 ドクッ、ドクッと女性の体内に自分の精子を注ぎ込む快感は最高だ。 そうDNAに刻まれてるんだからこれは男性の性として当然か?

もう4年も定期的な援助交際が続いてるyna。 ずっと生挿入外出しのエッチをしていて中に出したことが一度も無いかというと、答えはNO。
実は2年ちかく生理が無い次期があったんだ。 その時に何度か半中半外という反則技をやっている。 もちろん意図的に…
こんな事を書いてしまうと、BONPが鬼畜なようだが、実は2つの事実がある。
1つはynaが妊娠しない身体であること。 つまり排卵が無い、というか、卵子が出てこないんだ。
そしてもう1つはBONPが無精子症であること。
(無精子症の事は彼女には伝えてはいない)
だから中出ししたとしても絶対に妊娠しないんだ。
この2つの事実が無ければ必ずゴムを着ける。 だって考えてみてくれよ。ホ別1で20代のスリム&美形女性とエッチできるんだ。 この関係の継続が危うくなることは絶対にしないって。

ynaと出会うきっかけとなった出会い系サイトのハッピーメール

初めての生理中の女性とのSEXを経験したBONP。
それは一般女性と知り合うきっかけを作ってくれたハッピーメールのおかげだ。
ハッピーメール
援助交際の是非は問われるところだと思うけど、風俗行くより楽しいし、なにより安く遊べる。 彼女もそれで満足してるわけだし、だからこそ4年間も継続して関係が続いている。
こういう当たりをひくのは稀な事だと思うんだけど、とにかく相手が一般女性だとわかったら大切にしよう。 それが援助交際の関係を継続するための大切な事だと思う。

ホームに戻る


ページ先頭へ

トップへ戻る